• sosials
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
  • MILKのPlus One

Copyright© 2018 STUDIO MILK. All rights reserved.

 杵の川  

ウェブサイト・ポスター等の画像撮影を担当

 

酒造り一筋175年…温暖な九州でも徹底した温度管理のできる低温発酵タンクでの醸造に挑戦し、独自の工夫で「レイメイ式」と呼ばれる瓶詰めの機械を提案。多良山系の上質な地下水を100%使用し、受け継いだ低温発酵のシステムはそのままに、地元で契約栽培している
酒米「山田錦」を用いた酒造りを行うことで、上質で奥深い味のある酒が出来上がりました。

販売ギャラリー 諫早市土師野尾町17-4

0957-22-5600

​杵の川HP

 菓秀苑森長  

ウェブサイトの画像撮影を担当

 

220年以上にわたり、諌早を代表するお土産「おこし」を作り続けている老舗中の老舗。寛政5年(1793年)創業の菓秀苑森長。古くからある伝統の技法や製法、心意気をしっかり守りながらも「老舗ながらも新しい風を・・!」と「半熟生カステラやぷちおこしー等の新商品を次々と生みだされています。

本社工場:長崎県諫早市幸町38-30
八坂町本店:長崎県諫早市八坂町3-10 
工場:0957-21-2121本店:0957-22-4437

 

森長ショップサイト

(楽天)

(Yahoo!)

 

 

 諌美豚 土井農場  

ウェブサイト・パンフレットその他

​販促商品の画像撮影を担当

 

「諌美豚」とは、諫早のお米で育てた豚

の事です。お米を食べることで、豚肉の美味しさを向上すると注目されているオレイン酸の割合が高くなり、通常の豚肉より脂肪に甘みがあり、臭みも少なく、冷めても脂肪が固まりにくい柔らかいジューシーな味わいが楽しめるお肉に仕上がりました。

直営店 長崎県諫早市高城町8-10

0957-22-2983

(株)土井農場HP

 福田屋(楽焼うなぎ) 

ウェブサイトの画像撮影を担当

 

福田屋の鰻は「楽焼き」という独特の器で提供されています。

創業百有余年、変わることのない手作りの味は、昭和・平成の二代にわたって皇室御用達の誉れも賜っております。清らかな水の流れ、豊かな大地のなかで育った鰻を、独自のたれをたっぷりとつけながら、丹念に焼き上げる蒲焼をどうぞご賞味ください。

長崎県諫早市栄町(アエル商店街内)0957-22-0101

​福田屋HP

 長崎県産そのぎ茶 茶友  

小冊子・ウェブサイトの画像撮影を担当

 

​長崎県産そのぎ茶「茶友」は、これまで「農林水産大臣賞」「天皇杯」「日本茶大賞」など数多くの受賞歴がある生産者さんで「ななつ星」にもその茶葉を提供されています。「日本茶ドイツプロジェクト」ではミュンヘンの展示会にも出店されています。

 

◆◆◆「日本茶AWARD2018」で「あさつゆ」が最高賞の日本茶大賞/農林水産大臣賞 を受賞され、茶友さんは日本一のお茶やさんとなられました!◆◆◆

長崎県東彼杵郡東彼杵町一ッ石郷874
0957-47-0611

​そのぎ茶「茶友」HP

​日本茶ドイツプロジェクト

1/1

1/1

1/1

1/1

1/1

 粋工舎(建築) 

​ウェブサイトの画像撮影を担当

 

​もし他の設計事務所や工務店、リフォーム会社で断られてしまった希望や課題があれば、粋工舎にぶつけてみてください。私たちは固定観念に縛られない提案を大切にしています。お客様のこだわりやわがまは、その建物の個性として、最善の空間にかえてお届けしています。

長崎県西彼杵郡長与町高田郷3171-4

095-865-9144

​​粋工舎HP

1/1

 レストラン羅甸(ラテン) 

フェアメニュー表の撮影・制作を担当

 

​諌早インター降りて直ぐの所にある、老舗の洋食屋さん。トルコライスが名物だが、定期的に開催されているフェアーのメニューもおススメ。ボリュームたっぷりで、安定感のある美味しさ。ケーキショップジタン 多良見店・福田店は、ラテンの姉妹店なので、ラテンでのケーキの購入も可能。

◆◆◆只今 春爛漫フェア

開催中です!◆◆◆

長崎県諌早市貝津町1659-1
0957-47-0611

​​羅甸(ラテン)FBページ

1/1

 伸明窯  / 岸川明美  

陶器撮影・小冊子の制作・画像提供を担当

 

​食事を作るように器を作る…自分のため、家族のため、大切な人のため。

岸川 明美 / Akemi Kishikawa


長崎県諌早市多良見町2320-103
0957-47-0611

伸明窯 HP

1/1

 ブルーフォビア  / 鶴吉繪理  

長崎取材のサポート(撮影)

 

長崎県出身。2017年、新人読切競作「シンマンGP2017」にて、『ブルーフォビア』でヤングジャンプ初掲載。同企画で“最高支持得票” を集め、YJ本誌連載権を獲得。ヤングジャンプ2018年1号より、 同タイトルの連載を開始。

 

◆◆『ブルーフォビア』全2巻発売中◆◆

​(長崎県の池島炭鉱跡が、背景のモチーフになっています)

ヤングジャンプ(鶴吉繪理)HP

1/1