絵画修復撮影

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため休館し、4月に開催する予定だった「蘇った北村綱義の色 修復展」が、佐世保市の「島瀬美術センター」で開催される事となりました。

  ◆◆◆ 会期は、2020年5月18日(月)~6月28日(日) ◆◆◆(詳細はコチラ)


修復作業は、「絵画修復たけのした工房」の竹ノ下 磨須子氏、堺智子氏によって進められました。お二人は長崎県で油彩画を修復できる唯一の専門家です。私はその「たけのした工房」よりご依頼をうけ、作品の修復前と修復後の撮影を担当させていただきました。



画像は「絵画修復 たけのした工房」HPのトップバナーです。(サイトはコチラ!

絵画修復家の竹ノ下先生は、長崎県美術館をはじめ県内の美術館、教会、福岡方面の美術館などの絵画修復を多数手掛けてられます。



これもトップバナーなんですが、この絵画の撮影も私が担当いたしました。これは美術館所蔵のものではなく、個人所蔵のものです。ご家庭にある思い出のある絵が痛んだり傷ついたりした時にも、修復してくださるそうですよ!



昨日、夕方のKTNニュースを見ていたら「たけのした工房」のもう一人の修復家の、堺智子先生が、ご出演されていました。現在「美術館案内シリーズ」が放送中で、昨日は修復室の番だったそうです。いつもご一緒している方が、いきなりTVに映ると、テンション上がりますね(笑)



修復作業の様子も映し出されていました。修復家は美術だけでなく、溶剤や顔料の分析など化学的な知識が必要になってくる仕事なんだそうです。(堺さん紹介ページより)

本当にプロフェッショナルなお仕事ですよね!私も関わらせていただき、普段見れないようなものを見せていただき、見聞が広まりました。



これは、5月18日から開催される「蘇った北村綱義の色 修復展」で展示される絵画の撮影風景です。撮影は、こうしたカラーチャートを使って行います。自立式のチャートを使っていますヨ!厳密な色調整が必要なため、何度も竹ノ下先生にもご確認いただきました。



データは、こんな感じのCDで納品いたしました。可愛い出来映えです♪

延期されていた展示も、いよいよ開催されます!作品は、時計モチーフのメルヘンチックで素敵なものばかりですヨ。皆さんどうぞ足をお運びください!



「蘇った北村綱義の色 修復展」  ◆ 観覧無料です ◆


会期 : 2020年5月18日(月)~6月28日(日)火曜休館 時間 : 10時~18時(入館は17時30分まで) 会場 : 佐世保市博物館島瀬美術センター(2階展示室) 主催 : 佐世保市博物館島瀬美術センター



2020-05-12




  • sosials
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
  • MILKのPlus One

Copyright© 2018 STUDIO MILK. All rights reserved.